分類:作陶


窯焚き

晴れ

25日(日)SecondWorkから帰宅後、釉掛けの薄そうな部分に吹き足した後、窯場に運び、窯詰め開始。

今回は茶香炉の本体と受皿以外は全て底に籾殻を敷いて焼くものばかりで、いつ終わるやら‥と気長に。

最下段は高さ不足でゼーゲルが置けない。 色見窓からは見えず、温度も上がらない位置で目安にもならないけど一応置く。

26日の午後、窯詰め終了後すぐに火を入れ、 睡魔に勝てず二度眠ってしまった。 そのため予想以上に時間がかかり今夜火を止めた時は、結果もわからないのに万歳!  窯出しはゆっくりやろう。

0 コメント

黒のビックリシリーズのフチにライン入れ

晴れ

黒のビックリシリーズの豆皿、小皿、定番の丸深皿、サラダボウル(大きい丸深皿)のフチにライン入れ。

平丸皿を1枚だけも。窯に入らないので他は次回に。

内側の色泥と外側の黒泥の境界に入れるラインもこの器のポイント。吹付けてある釉薬の量とラインを入れる釉上彩の濃度で表情が大分変る。

日付が変わる前に終わるだろうかという感じだったが5分前に終了。

0 コメント

釉掛け-11日目

晴れ

和紙柄アレンジのマグカップの大サイズ。

取っ手部分を浸し掛け後、スプレーガンで施釉。

花かごの花入れは内側と外側、貼り合せ花器の外側もスプレーガンで。これで今回分は終了。

****

最下段に入れる焼き直し。釉薬が薄過ぎた部分に釉薬を足す。ごくわずかな量を吹付けることの繰り返しで釉薬が垂れるのを防ぐ。

0 コメント

釉掛け-10日目

晴れ 午後雲が広がったが夜は快晴

和紙柄アレンジのマグカップ。

取手部分を浸し掛けしてから、外側全体をスプレーガンで施釉。中サイズと小サイズまで。大サイズは明日。

****

ロクロの花留めも浸し掛け後にスプレーガンで。

昨年、素焼きまでになっていたもの10個位と今回の1個。

 

0 コメント

釉掛け-9日目

快晴

ビックリシリーズの黒。小皿、定番の丸深皿、サラダボウルの内側にスプレーガンで施釉。

マグカップと貼り合せ花器の内側にカップ用釉薬を柄杓掛け。フチからはみ出した部分の擦り落としも終了。SecondWork3連休の初日、順調に進んだ。当初の予定では窯詰めをしている日。大きく遅れたが26日に窯焚きできるようにやっている。

0 コメント

釉掛け-8日目

快晴

ビックリシリーズの黒。

しずく形豆皿の内側にスプレーガンで施釉。

****

昨夜も今夜も月がキレイ!

ここ数日の強風で大気が澄んだのかもしれない。

 

0 コメント

釉掛け-7日目

晴れ

ビックリシリーズの黒。小皿、定番の丸深皿、サラダボウルの裏面にスプレーガンで釉掛け。

0 コメント

釉掛け-6日目

晴れ

ビックリシリーズのボウル。

外側にスプレーガンで施釉。

****

除湿器は朝はタンク半分位、夕方帰宅時も稼働。

1時間後、仕事開始時には満杯で稼働停止状態。

0 コメント

釉掛け-5日目

曇り のち 雨

 

ビックリのボウルの内側にカップの内側用の釉薬を柄杓掛け。

フチからはみ出した釉薬を擦り落とすところまで。

雨で高湿になるので除湿器を稼働させて終わり。

このところ毎日夜は除湿器を稼働。翌夕方には満杯で稼働停止になっている。明朝はタンクの水量を確認した方がいいかも。

 

0 コメント

釉掛け-4日目

晴れ

「プレート皿」の表面と「しずく形豆皿」の裏面。

遅々として進まないが、積み重ねればそれなりの成果は得られると期待して。

0 コメント

釉掛け-3日目

晴れ

スプレーガンによる施釉。午後から。

プレート形花留め、茶香炉の上皿、受け皿、本体:裏も表も終わり。

プレート皿の大・小:裏のみ

0 コメント

釉掛け-2日目

SecondWorkの公休日だけど、湿度が高く釉掛けは止した方がいい一日。

窯場で昨年作った釉薬のフルイ通し。

10月にカップの内側用の釉薬を間違った配合で作ったのを正しく調合し直し。

白化粧泥も1月に作ったままだったのでフルイ通し。

****

昨夜マグカップの取っ手に釉薬を埋めた部分の余分を擦り落とす。ビックリのボウルの下地釉は内側のため。外側は持った指跡等で釉掛けに生かせないので擦り落とす。

0 コメント

釉掛け-1日目

曇り

 

マグカップの取っ手部分に釉薬。

溝に埋め込んだ部分以外は擦り落とすが、後日の作業に。今日はここまで。

 

0 コメント

下地釉掛け

晴れ

0 コメント

窯詰めのシミュレーション

門柱脇の水仙。昨年より花の数が多いような気がする。
門柱脇の水仙。昨年より花の数が多いような気がする。

晴れ

窯詰めのシミュレーションをしてみる。

黒のビックリシリーズは、サラダボウル以外は小さいのだけ。平丸皿と平角皿は入らず次回。

明日は下地釉を掛ける予定。

0 コメント

素焼きを細工場に

晴れ

予定通り、ブロアで粉を飛ばしてから窯場にある素焼きを細工場に運ぶ。

夜で暗いので足元に気を付けて、ゆっくり。それでも21時前には終わった。

0 コメント

素焼き掃除

晴れ

昨日と今日(SecondWork公休)で素焼きの掃除はおしまい。

今回は刷毛で掃除。明日、ブロアで粉を吹き飛ばしてから細工場に運ぶ予定。

****

窯場で仕事をしていたら、ご近所さんが茹でた筍を持って来てくれた。初物。今年は少し早いのだろうか。

0 コメント

素焼きの窯出し

晴れ

窯の温度は20℃。夜は気温が下がったので少し暖かいのが気持ちいい。

貼り合わせの和紙柄花器が1個没、もう1個はヒビだけど焼いてみる?という感じ。少し考えてみる。

本焼き1窯には入りきらないから、次回に回すものを選ばないと。

0 コメント

素焼き

雨のち晴れ

残っていた手板2枚分のマグカップの泥落とし。

小雨になった14時から濡れないようにビニールをかけて素地を細工場から窯場に運ぶ。

窯詰めしていると次第に天気も回復し、16時前から陽の光が見え出した。

****

25時50分消火。素焼きを終えることができ、ホッ!とした。ほぼいつも通り2時には休める。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

くもり のち あめ

午後から素焼き前の余分な泥落とし。マグカップ手板2枚残し。

明日は雨の予報で細工場から窯場に素地を運べない。

16時頃には上がりそうなので、運んで窯詰めをするところまでか。

なかなか予定通りには進まない。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

雲の多い晴れ

素焼き前の余分な泥落としを手板6枚。

泥落としは明日終わらせて、明後日窯詰め&素焼きの予定。

0 コメント

丸深皿の泥仕上げ

くもり

定番の丸深皿より一回り大きい。

地模様の色泥を全体に吹付け、ポイント柄を泥塗り。

今回の窯には入らないか。2日間では乾かないだろう。

0 コメント

丸深皿成形

晴れ

だいぶ前に準備していた粘土、水分が抜けて軟らかさが不足。作るつもりだったものが作れない。

浅めの器なら可能なので深皿にする。

4日か5日に素焼きの予定なので成形はこれでおしまい。明日泥仕上げをして乾くかどうか‥怪しい。

 

0 コメント

茶香炉の上皿&受皿の泥ならし

晴れ

昨日塗った泥の凸凹をならす。

****

WEB陶器市の申し込み期限だったと思い、夜メールで申し込みをしようと必要書類をダウンロードしたが、申込書を添付で申し込みはできない! 持参しないといけないんだねぇ(郵送でもOK。※4月18日追記)。秋に参加した人は説明会に参加するのは遠慮して、資料はダウンロード、レクチャーはWEBでとあり、申し込みも‥と思い込んでいたから、ビックリした。今回は不参加ということになる。

派遣会社が「今回だけ」と、窯焚き予定日に3連休確保してくれたから、陶器市には不参加でも予定通り窯焚き目指してやってみようと思う。

0 コメント

茶香炉の上皿&受皿に泥塗り

晴れのち曇り 暖かい一日 

黄砂だろうか、洗濯物を取り込む時に遠くを見たら霞がかかったようで視界がよくなかった。

****

草取りをしていたら、ご近所さんが「セリ」を持って来てくれたので「春の香り」のおひたしに。

久しぶりに向かいの奥さんにも会えた。

よくなってきたかも‥と思っていた右手親指が、この数日は変な感じで気分が下がり気味だったけど、少し元気が出た。

0 コメント

茶香炉に泥の吹き付け

晴れ

受皿と上皿の裏側と茶香炉本体に色泥と白泥を吹付ける。皿の表側は和紙柄にする予定。明日。

0 コメント

茶香炉の本体に窓あけ

曇り 時々雨 夕方から雨

 

茶香炉の窓あけおわり。

0 コメント

茶香炉の本体に窓あけ

晴れ 日中は初夏のよう 洗濯物も短時間で乾いた

所用で出かけた途中、往路も復路も道の駅ましこは満車。赤い遊覧(?)ヘリも忙しそうだった。空から見た益子はどんな感じだろうね。

****

茶香炉の灯り窓あけは終わらなかった。

明日終えて、明後日泥仕上げして成形終了という感じかな。

0 コメント

茶香炉の本体に窓あけ

晴れ

最初の1個はコツを思い出しながらで1時間もかかり、4個止まり。

0 コメント

茶香炉の本体削り

晴れのち曇り

 

0 コメント

茶香炉の受け皿に足付け

晴れ

受け皿はロウソクの熱さが下に伝わりにくいように、高台にせず小さな3つ足に。

0 コメント

茶香炉の受け皿削り

晴れ

茶香炉の受け皿の外側を削り、削り跡を整える。

0 コメント

花器の泥ならし&茶香炉の上皿成形等

曇り

4枚仕立ての花器の泥塗りした部分の凸凹ならし。

茶香炉の上皿成形。

0 コメント

花器の泥仕上げ&茶香炉のロクロ挽き等

茶香炉の本体と受皿
茶香炉の本体と受皿

終日雨

昨日成形した4枚仕立ての貼り合せ花器の泥仕上げ。地模様の色泥2色を吹付け、白泥をスポンジ塗り。雨で高湿のため乾きが遅く凸凹ならしは不可、明日。

茶香炉の上皿用の粘土を準備(スライスして新聞紙に挟んで余分な水分抜き)。

茶香炉の本体と受皿をロクロ挽き。

 

0 コメント

貼り合せ(4枚仕立て)花器を成形

曇り

明るいうちは家庭菜園のドクダミの根抜きをして、夜4枚仕立ての貼り合せ花器を2本成形。始まりが遅いので終わりは日付が変わってしまった。

****

土曜日&春分の日ということで、道の駅は「にのみや」も「ましこ」も駐車場には車がいっぱい。近くなのに行ったことがなかったので「にのみや」に行ってみた。家から30分位。昼前で混雑のピークだったのか満車御礼(?)という感じ。駐車場に空きが出た直後だったのかすんなり入れてラッキー!だった。話に聞いていた通り、切り花の種類が多かった。イチゴのシュークリームを買おうと見ていたら、数人前の人で終わり。残念!。真岡木綿のコースターが目に留まり2枚購入。布地は沢山あるのに裁縫の時間がとれない‥‥いつかできるのかなぁ。

0 コメント

花器の泥ならし&明日成形する粘土準備

晴れ

昨日泥塗りした部分の凸凹ならし。

明日もう2本成形する花器の粘土を準備。

0 コメント

花器の泥仕上げ

晴れ

2日がかりで成形した花器の泥仕上げ。

地模様の色泥2色を吹付け、白泥で和紙柄のスポンジ塗り。乾かないので凸凹の泥ならしは明日。

0 コメント

貼り合せ(3枚仕立て)花器を成形

晴れ

昨日成形した花器とほぼ同じ大きさの花器を成形。

形は微妙に違う。泥仕上げは白にするか色にするか決めかねているが、明日までに決めればいい。

0 コメント

貼り合せ(3枚仕立て)花器を成形

朝のうち曇り のち 晴れ

3枚仕立ての貼り合せ花器を成形。

 

0 コメント

ボウルの泥仕上げ(ピンク)

晴れ

4色のボウルの最後、ピンクのビックリを仕上げる。

あとは、明日成形する貼り合せ花器2本分の粘土を準備して今日の仕事はおしまい。

あと1か月あるけど昨夜、確定申告を済ませたので、追われる気分は1つ解消。

いつもの陶器市は予想通り開催は見合わされ、WEB陶器市は4月29日~5月9日まで開催予定とのこと。WEBは作業が多いから、時間の余裕をもって臨まないと。1窯焼けるかどうかも現状では分からない。釉掛けだけでも朝から晩までやっても最短で5日位はかかるし、24時間位かかる窯詰め後に24時間超の窯焚き‥‥SecondWorkと並行して可能なものか‥‥可能にしたいけど。

0 コメント

ボウルの泥仕上げ(ラベンダーピンク・ブルー)

晴れ 風が強く洗濯物がすぐに乾いた

午後買い物に出かけた時、すれ違う車が晴れの日曜で他県ナンバーが多いと感じた。

****

ビックリのボウル、ラベンダーピンクとブルーの泥仕上げ。地模様の色泥を吹付け、内側の中心に1個、外側のフチ下に3個ビックリを描く。

ピンクも仕上げてしまえば、すっきり終わりになるところだけど、確定申告をしたいので明日に。

****

深夜、確定申告を済ませる。

0 コメント

ボウルの成形、一昨日成形したボウルの泥仕上げ

ビックリシリーズのカラーバージョンのボウル4色作る予定のうち、1色分は一昨日成形済み。地模様の色泥(ミント)を吹付け、ビックリを描いて素地の完成。

昨日用意しておいた粘土で、残り3色分を成形。

0 コメント

ボウルの成形

晴れ

ビックリシリーズのカラーバージョンでボウルを4色作る予定。1色分だけ成形。

0 コメント

花器&プレート形小皿の泥仕上げ

晴れ

花器とプレート形小皿の昨日泥塗りした部分の凸凹ならし。

明日成形する粘土を用意。

0 コメント

花器&プレート形小皿の泥仕上げ

曇り 日中晴れ 夜一時雨

花器とプレート形小皿の泥仕上げ(スポンジ塗り)。

昨日泥塗りした花籠形花入れの凸凹ならし。

 

0 コメント

花入れ&プレート形小皿の泥仕上げ

曇り 一時 小雨  寒い一日だった 

花籠タイプの花入れの泥仕上げ(凸凹ならしは明日)。

プレート形小皿の泥仕上げ(刷毛塗り部分)。

 

0 コメント

花入れに持ち手付け、地模様の色泥吹付け

朝のうち曇り のち 晴れ

花入れに持ち手付け。地模様の色泥吹付けを花入れと昨日成形した花器、プレート形小皿に。

晴れの日曜で、すること(家事)が多く、作陶はあまりできなかった。

0 コメント

貼り合せ花器の成形

朝のうち曇り のち 晴れ

小さめの花器を2タイプ成形。

0 コメント

花器の高台削り・プレート形小皿成形

曇りのち雨

一昨日挽いた花入れの高台削り。昨日は朝するつもりだった天地返しを忘れてしまい、乾きが不十分で削れる状態ではなかったが、曇りがちな天気だったおかげで口辺が乾き過ぎることも無くラッキーだった。

昨日準備したタタラでプレート形小皿を成形。3~4枚仕立ての貼り合せ花器を作るタタラも準備してあったが、遅くなったので明日。

0 コメント

ロクロ挽き-花入れ

晴れ 朝、北風が強烈に冷たかった

花籠の花器を作ってみようかと思い、ロクロで挽いてみた。SecondWorkから帰宅後では、数を挽いても仕上げが追い付かないので、3個だけ。

あとは土練機を回して粘土の準備。

0 コメント

マグカップの中と大の泥ならし

曇りのち雨

和紙柄アレンジマグの中サイズと大サイズ、スポンジ塗りした泥の口辺と底辺の泥を削り落としてから凸凹をならし、このデザインのマグカップの成形は終了。

3サイズ24種類、ずいぶんかかった。

マグカップ(小サイズ)の泥ならし

晴れ

昨日泥塗りしたカップの小サイズとプレート形花留めの泥の凸凹ならし。

明日は中サイズと大サイズできるだろう。

 

0 コメント

マグカップ色泥&白泥をスポンジ塗り

晴れ 

15時半から泥のスポンジ塗りを始め、塗るだけは全部終了。半乾き状態になってからの凸凹ならしは明日。

発泡スチロールの箱に保管すれば、SecondWorkから帰宅後でも乾き過ぎることもないだろう。

****

鉢植えの梅が満開。右手親指の不調は治らないね。

少しはよくなっているような気もする。

 

0 コメント

マグカップに色泥と白泥の二重刷毛塗り

くもりのちはれ

 

昨日マスキングしたマグカップに色泥と白泥の二重刷毛塗り。何か月も使わなかった色泥は固くなっていて戻すのに時間がかかる。

3サイズ10種類のうち、1種類だけスポンジ塗り部分まで終わり。(写真左側)

残りは明日。月末で用事もあるし、晴れて風もそれほど強くなさそうだから洗濯もしたいし、全部できるかな。なんとかして終わらせたい。

0 コメント

マグカップに泥塗り前の作業

くもり

 

昨日付けた取っ手の付け根周辺を整える。

色泥二色ずつ3種類を地模様に吹付け。

色泥と白泥の二重刷毛塗りする前のマスキング作業。

ここまでで21時半になってしまい、泥塗りは諦め明日。

0 コメント

マグカップの取っ手付け

晴れ

終わらないかと思ったが、日付が変わって間もなく終了。取っ手を準備(三つ編みにして作る作業)を除いて、単純に付けるだけの時間は平均すると1個15分。もう少し短くしたい。

 

日常の買い物に出かけ、駐車場に車を止めたら窓ガラスをトントンする人がいて「岩渕さん?」と聞かれ「誰だろう??」という顔をしたようで、名乗らせてしまった。十年ぶり以上になるかもしれない焼き物の先輩で、しばらく立ち話。別れてから、マスクをしているし、お化粧もしていないし、多分一度しか会ったことがない、それで私だと分かるなんて‥‥驚異的な人。羨ましい才能のひとつ。私には到底無理。

0 コメント

マグカップの底付け&プレート形花留めの成形

晴れ

17:40から散歩。西の空の低い雲が夕焼けで赤というより濃いピンク?黒みがかったピンク?雲の形状も3種類の雲がいい構図で、どこかで見た絵のような‥‥数分で色は無くなった。帰りは冷え冷えとした月夜で北風も冷たく速足で歩いているのに全然暖かくならない散歩だった。20℃超えの日があったり、水仙と梅が開花したとはいえ、まだ2月。やっぱり冬なんだなと実感。

0 コメント

マグカップの底付け

晴れ 強風

マグカップの本体に底を付けるも、あまり進まず。今月中に和紙柄アレンジのマグカップを終わらせたいと頑張っているが、少しは余裕あるかも?という期待は外れ、ギリギリの感じ。

****

3月1日から始めるSecondWork(派遣)の説明があり、宇都宮までドライブ。今回の仕事は電話があった時に悩んだ。いつも通り陶器市があれば、それどころではない。昨年は持続化給付金で陶器市の分はカバーでき助かったが、もし今春も陶器市が無ければ生活できない状況になる。数日考え、賭けだが恐らく今春も中止だろうと予想し、仕事を受けることに。開催となったら「休店」になるが、生きるためだ仕方ない。

帰路、強風のため収集前の可燃ゴミが飛散して舞い踊り「映画みたいだな」と思いつつ、このゴミはどうなるのだろうと気になった。

0 コメント

マグカップの本体成形他

21日に白泥をスポンジ塗りしたプレート皿
21日に白泥をスポンジ塗りしたプレート皿

晴れ 昨日に続き2月とは思えない暖かさ

 

和紙柄アレンジのマグカップを2週にわたって作っているが、今週でおしまい。

明るい綺麗な色ではなく落ち着いた渋めの色にする予定で粘土の色も少し変えた。

粘土を用意し、新聞紙に挟んで水分を吸収させている間に、プレート皿の昨日泥塗りした部分の凸凹ならし。

底にする粘土を用意してからマグカップの本体を成形。

最後に、底にする粘土を締めて新聞紙に挟んで保管。

 

 

0 コメント

プレート皿・プレート形花留めの泥仕上げ

晴れ 

車を運転していると暑いくらいでドライブ日和。2月とは思えない暖かさだった。

 

プレート皿とプレート形花留めに地模様の色泥を吹付けてから、泥仕上げ。

プレート皿は刷毛塗り部分が乾かないので、あとは明日。

0 コメント

マグカップにスポンジ塗り&凸凹ならし

晴れ

マグカップに色泥と白泥をスポンジ塗り。

泥を塗る作業よりマスキングテープを貼る作業の方に時間がかかっているような気がする。しかし、それは錯覚。一連の泥仕上げの中で最も時間を要しているのは最後の凸凹ならし。底と口辺の泥を削り落としてから凸凹をならしていくが刷毛塗り側にはみ出さないように注意しながら。

0 コメント

マグカップに色泥&白泥の刷毛塗り

晴れ

昨日つけた取っ手の付け根部分を整え、地模様の色泥二色ずつ吹付け。色泥と白泥の二重塗りをする前準備のマスキングテープ貼りが終わったのが17時前。来訪者があり雑談。18時半から色泥の刷毛塗り、3サイズ7種類。半乾きの上に白泥の重ね塗り。マスキングテープを外して発泡スチロールの箱にしまい、長かった一日が終わり23時半。

0 コメント

マグカップの取っ手付け

晴れ

 

マグカップの本体に取手付け。

スムーズに進み、8日から始めた夕方の散歩も3日ぶりにできた。無理に毎日することなく、4~50分散歩に出ても21時~22時には終われると見込まれる時だけ出かけることにしている。

今日は買い物に出かけることもなく、午前から仕事にかかれたから、散歩に出ても余裕で終われた。もう三日月と言えないかもしれなけれど、シャープな月がキレイだった。

0 コメント

マグカップの底付け

晴れ

午前中は粘土の購入等所用で終わり。

午後からマグカップの底付け。3サイズ各7個。ブルー&グリーン系で7種類にする予定。

以前は、サイズ毎に数種類から十数種類の色泥の組合せで作っていたが、手間のかかる泥の準備や片付けを考えると、色泥毎に各サイズを仕上げる方が時間がかからないのでは?と今更ながら思い至り、何でこんなことに気づかなかったのだろう?と情けなく思ったり、気づいて良かったじゃないかと励ましたり。

最後の1個になってから何故か右手親指が具合悪く、手間取る。「こんにゃろ」と思うが、でもよく動いてくれてる「ありがとね」と思い直す。

0 コメント

2月の今日までの仕事

1月15日にSecondWorkの派遣契約が終了してから1か月。右手親指のバネ指は治る気配もなく、短時間の仕事ならまあまあ、7~8時間以上になると結構厳しい。でも、作陶を始めてみると思ったより使える。指を曲げることはできないけれど、作陶では曲げずに伸ばしての作業が殆どであることに気づく。仕事中は集中しているから感じないことが多いジンジンする痛みは終業後にやって来る。それでも、仕事ができることはありがたい。

0 コメント

1月の仕事

15日で派遣の仕事は予定通り契約終了。16日から本業に専念。とはいかず、18日の月曜日から作陶再開。土練機を回し粘土の準備。土練機は大分休んだわりに調子は良好。黒のビックリシリーズの定番から作ることに。(2月15日記載)

0 コメント

謹賀新年

陽射しが暖かい穏やかな元日。

 

玄関に陽が射しだす昼頃に鉢植えの写真を撮りながら、世の中の停滞感がなくなり活気を取り戻せる年になることを願う。災害も起きないように、梅が咲くころには私の親指がなんとかなっているように。お願いごとの多い元日だなぁ‥‥握り箸のようにしかペンが持てないので、恒例の年賀状書きは延期し、ぼ~っと過ごしている。こんなお正月はあったかなぁと思う。

昨夜SecondWorkからの帰りに給油ついでに洗車も。年賀状書きをしないのなら、事始めに庭でゆっくり洗ってもよかった? 年初めにそれはないか。

0 コメント

窯場で底擦り&確認作業

晴れ 

細工場と玄関広間の床の掃き掃除をしてから、窯場で底擦りと確認作業。

陽が翳るまでは、窯場でも11月とは思えない暖かい日だった。

 

0 コメント

WEB陶器市の注文品を納品

晴れ このところの北風が止み暖かい日中

WEB陶器市の注文品の納品は混みあわないように日時指定されていて、私は13日15:30に臨時集配センターに行き、納品確認してもらい「終わった」実感。午前中にコンテナ詰め。納品リストの最後からさかのぼって詰めたので、リストを読み上げてもらう順に出して確認でき、すぐに終わった。量も少ないからだけど‥‥。コンテナを車から降ろして運んでいる時、「運ぶの手伝いましょうか」と声をかけてくる人がいたので誰かと思ったら、知り合いの先輩作家。マスクをしているから誰かさっぱりわからない。よく私だと分かったと感心してしまう。

同梱するカードは、どう添付していいのかわからないので、束で持って行ったら「お預かりします。梱包時に入れますから。」と言ってくれた。1人1枚入れてくれるようで良かったが、半分は余りゴミになる。

帰りに知事選の投票と買い物。帰宅後は気になって仕方なかったジャガイモの冷凍保存作業。沢山もらったので陽が当たらないように保管していたけど芽が出てきているので、すぐ使えるように皮をむき、カット。蒸して冷凍保存。2回目をしている時に、今朝預かりに来てくれた「車の修理(リコール)が終わったのでこれからお届けに上がってもいいですか」と電話。もう終業時間だろうに‥すぐにとりに行きますからと話し、夕焼けを見ながらドライブ。洗車もできず汚いままだったのがピカピカになって‥終業10分前に受け取ることができた。

帰宅後、ジャガイモ再開。3回(3種類)蒸して、冷凍保存終了。気になっていたことが1つ、また1つと片付いて行く気持ちよさ。明日から、1日に窯出ししたままになっているのを底擦りしながら確認し、青札・赤札と分けて値付け作業。来春は「いつもの陶器市」できるといいねぇ。家庭菜園と花壇の片付けもあるから、これも1つずつ、少しずつやりましょう。(※またコタツ寝。14日朝記載)

 

 

 

0 コメント

納品準備

晴れ

WEB陶器市事務局から届いた「作品ラベル」を貼り、同梱するカードを作る。

「作品ラベル」の後半分は夕方近く郵便受けに届いた。カードは人数分用意したが、届いた書面に作品1個に1枚添付とあり更にプリント。インクが足りるかギリギリで何度も交換用のカートリッジを準備してとメッセージが出る。準備していない色なのでハラハラ。最後の方は表をプリントして裏という風に1枚ずつ。お皿3枚の人にカード3枚はないだろう‥梱包する人の間違いを防ぐ目的だろうから、これだけ1枚にして2枚不足でプリントを終える。小鉢5個の人に5枚入れるんだろうか?と思いつつ。(※13日朝記載)

0 コメント

第2回益子WEB陶器市終了

0時で11日間のWEB陶器市が終わりました。

お客さま(元職場の大先輩から私はお客さんですか知人ですかと聞かれました。一度でもWEBサイトにアクセスしてくださった方はお客さまです。お客さんとお客さまの私なりの解釈は後日書きます。12日追記)も事務局のみなさんも、ありがとうございました。

第3回もあるといいですね。

もっと楽しく見てまわれるように改善できると思います。

「益子に行ってみたいなぁ」と感じた方も沢山いらしたと思います。

この間の日曜日はウチの前の道を通る車が多かった。他県ナンバーも目立ちました。

「来年は益子に行って触ってみたい」というメールもいただきました。

「WEBで焼き物が売れればいいというものじゃないだろう」そういうメールもいただきました。私は焼き物を作っているので、焼き物の宣伝をしますが自分のできることをできる限りしている結果であり役割。WEBは焼き物だけ扱っているわけではないし、そこで終わりでもない。焼き物を見に来たけど、他のものが目に入って予定外のものを買ってしまった‥これはWEBもいつもの陶器市も同じ。相乗効果で全体的に伸びていける。

私は店番があるから陶器市を見て歩いたことがないので、今回は出品作を確認しながら他の人のも見て勉強になった。陶器市の暇な日に見て回っている作家がいるが勤勉だと思う。

私は初めての参加、事務局は2回目。「見づらい」という指摘もいただいた。事務局にも同様のメールが届いているのだろうと思う。改善できないことではないので、よりよくなっていけるのは確か。

来春も、成長した陶器市でお会いしましょう!ありがとうございました。

****

これが動かないということは、ぐい吞みには合わないデザインということか‥いい感じにできたと思っていたのになぁ。廉すぎるんだよ‥「天の川のぐい吞み<3>」が10日23:59に誰かの元に。ホッとしました。ありがとうございました。

0 コメント

WEB陶器市の案内をここでしていなかった

第2回益子WEB陶器市 2020秋

2020年10月31日(土)9時~11月11日(水)0時

https://toukiichi.mashiko.online/

もう少しで終わりで申し訳ないです。

↓↓↓ 開始時の出品作の抜粋 ↓↓↓

↓↓↓ 窯出し後に追加した出品作の抜粋 ↓↓↓

0 コメント

WEB陶器市の納品準備 etc.

晴れ 時々 曇り

今日は大分長いよ。でも読んで欲しい。

****

昨日から不調。ちょっと一息つけるようになったら、必死の時はそれほどでもなかった「右手親指のバネ指」がきついし、とにかくだるくて何もする気になれない。親指は私の勝手な診断だけど、カクカクするからまちがいないと思う。昨日玄関のテーブルの上に置いてあった大根とその前にもらった里芋を調理したいけど‥ダメだ。明日。

****

昨日から今日にかけて、WEB画面で表示される「作品説明」の欄を修正。私はPCでしか見ないから迂闊だったけど、殆どの人がスマホで見ているらしいから表示のされ方はスマホの方を優先した方がいいかもしれない。ということは、私の説明は「長い」ね。できるだけカットしたけど、途中で疲れて断念。こんなところでいいことにしょうと横になってしまった。

****

再び起き上がってやったことは、昨日事務局から届いた「納品についてのご案内」をみて、ああ準備しておかないと‥‥ということで、PCの「注文の詳細」を見て一緒に購入したものを書き出す。皿と豆皿、ご飯茶わんと湯飲み等可能であれば、できるだけ釉調が似たようなものの組合せにしたい。殆どが1点ずつ商品登録してあるから、ほぼお客さまが選んだものが届くはずだけど。

****

あとは、第二回窯出し商品や出品者一覧を眺めたりしていた。この数日で初めて声に出して笑ったのが「平野陽子さんの《餃子 3つ》」どんな人か想像してしまう。(※文字では誤解があるかもしれない。「岡部さんのマッチョシリーズ」同様、楽しそうでいいなぁと思ったのでした。10日追記)

出品者一覧の私のページで陶器市出店スペースが「夢HIROBA」になっていた。

事務局に一度連絡したけど、作品登録の際にも「夢HIROBA」になっていたり「陶喜屋広場」になっていたりした。いつの間にか正しく「その他・店舗」に直っていたから、そのままに。

観光協会の地図に載せていない「城内広場」だから「その他・店舗」になる。(※観光協会発行の地図を使っていたのでそう思ってしまったが、違う理由かもしれない。15日追記)

****

今回のWEB陶器市の説明会で、前回(春)は町からの援助があったが今回はないので出品者が負

担する手数料率を上げることになったと聞いた。それじゃ仕方ないだろうと思っていたが、家を訪ねてきた人に「今回も出ている」と聞き、話が違うと参加申し込みを保留した。役場の観光課に問い合わせたところ、交付金として春は600万、秋は400万出ている。春は約200万の赤字だったので事務局は交付金で埋めて約400万を町に返還。従って事務局には預り金ゼロ。

私の解釈では、コロナ騒ぎの間だけでなく今後も「今までの陶器市」と並行して継続して行きたいと代表が話していたので、いつまでも町におんぶにだっこではなく自立した経営をしたい。キチンと収益を上げて交付金の全額を町に返還するには‥と試算した結果なのだろうと。説明が舌足らずすぎる。

陶器市に出かけることができない焼き物ファンもいるし、新たにファンになってもらえる可能性もあるから、続けられるものなら改善しながらやっていければいいと思う。現実問題として今回の料率はキツイ。無理だと参加を断念した人もいる。沢山買ってもらって収益が上がれば次回の料率を下げられるかもしれない。だから、私の作ったものを買ってもらえたら嬉しいに決まっているけど、誰のでもいいから買って欲しい。そう思いながら案内状を書いた。どれだけの人が見てくれているか判らないけど、そういうわけなので、よろしくお願いします。

0 コメント

WEB陶器市の案内ハガキを書く-友人知人

快晴

ハガキをプリントして案内状の宛名書き。お客さまとは違い全員顔が思い浮かぶ人たち。一言書きたいけれど、書くスペースを作ってないし時間もない。年賀状書きで経験済みで、この一言コメントを書いていると何日も何日もかかる。書くことに時間がかかるのではなく、思い出に浸っている時間が長い。宛名書きだけならデータでプリントすればいい‥効率的で現代にマッチ(これも古くなった。現代はメールでポチッで完了だろう。いやメールも古いかも。)しているのだろうと思う。昨日書いたデータ管理にリスクがあるという理由だけではなく、文面も宛名も全て印刷文字というのが「何だかなぁ」と思うようになり、2000年頃までは印刷でやっていたのを手書きに変えた。印刷文字だと晩酌しながらでも文字が乱れることもなく作業できるし、小さい文字を書くのが苦手な私には内容を詰め込むのに便利だった。相手に合わせて内容を変えて印刷していたのに、友達から「みんなにこの内容で送ったの?」と聞かれたことがあった。「まさか‥」でも、もらった人はそう思うだろうなぁと知らされた。そんなことで「せめて宛名は手書き」を続けている。

陶器市に多くの人にアクセスしてもらいたいのならSNSを駆使するのが早くて効率的なのは確か。しかし私には合わない。私のすることは時代の流れに逆行することが多いような気がするけれど、ピンとこないことはストレスをかかえてまでやらない。何のために会社員を辞めたのかわからなくなる。

昼過ぎ、益子郵便局前のポストの集配時間が過ぎたので真岡郵便局に行く。切手の購入にクレジットカードが使えるようになったことを知らなかった。郵便局で初めて使用。ポイントも溜まるし楽でいい。

ついでに、車の部品に不備があり交換が必要という書面が届いていたので車屋さんに寄り、部品が届いたら連絡をもらうことに。前の車も一度あった。今は昔と違いメーカーが神経質になっていて、チョットのことでリコールになるそう。事故につながるかもしれないことなので大事なことだとは思うけど‥‥元凶(語弊があるかもしれないが他の言葉が思いつかない)はSNSか。 ※コタツで眠ってしまい6日朝記載

0 コメント

WEB陶器市の案内ハガキを書く

晴れ

今日は、WEB陶器市関連のことを書こうかと思ったが内容を考えているうちに、少しでも多くの人にアクセスしてもらわないと‥‥と予定変更。 住所の分かるお客さんに案内ハガキを出すことにした。 陶器市の案内状は7年ぶり。近年は手が回らず書けていなかった。文面等をWordで作り、ハガキが足りないので買ってきて印刷。 数枚印刷後、今日買ってきたハガキになったら用紙を引いてくれない。 以前、何度もやって諦めて手書きしたことがあった。 プリンターの問題ではなく用紙か‥‥真岡まで行って別のハガキを買って来る。どっちも純正ではないけれど、 この用紙は引く。 買ったハガキが使えないのは悔しい。 引くハガキの間に入れて騙して印刷できないだろうか。 1~2枚は騙されてくれて時間はかかったけれど、結局20枚位は使えた。要した時間とハガキを無駄にするのと比べてみると‥‥どうかなぁと思う出来事。時間はあるといえばあるからよかったのかな。

宛名書きも結構時間がかかる。データでプリントしてしまえば早いけど、顧客住所は危ないので手書き管理。ウチのPCは千代田区やら世田谷区から勝手に入ってきている人が。携帯会社の人の話では顧客住所録が目的だろうとのこと。そんなことで今日はお客さんに送るぶんだけ。友人知人は明日。

0 コメント

窯出しのWEB陶器市出品登録作業

夜雨

昨夜から作業を続けても終わらず。

「朝9時まで入力をお願いします。」と事務局から連絡があった。スプレッドシートに入力するのは楽勝と思っていたが、よく考えてみれば写真等の情報を登録しなければ事務局で確認作業ができないじゃない……一日中、写真撮りをして登録の繰り返しをして終わったのが26時前。9時までできず申し訳なかった。すみませんでした。事務局の方も夜を徹して承認作業をされていた。

※3日12時記載。午後来客があるので、取り敢えず元気で生きていることのお知らせのみ。

0 コメント

窯出し&選別

雲の多い晴れだったような……

WEB陶器市で「窯出しイベント」をするそうで、2日の9時までにスプレッドシートに品物の情報入力をしなければならない。

窯出し後は、いつもの陶器市と同じで定価を付けられるものか否かの選別。今回は定価を付けられるもののみピックアップ。いつものようにじっくり検討している時間はない。しかし、性格だから仕方ない‥‥悩む・悩む・悩む。窯出ししながら、選別して取り敢えずOKにしたものを細工場に運ぶ。窯場は寒いし蛍光灯を何本も使って電気代の無駄。細工場でサイズと重さを計りながら再確認。やめておこう‥と外したものがいっぱい。結局、明日の写真撮影までたどり着けた器はいくらもない。還元焼成でほどよく薄く釉掛けするのは本当に難しい。これから情報入力。9時までには楽勝のはずだが、価格設定で私がフリーズしてしまいそう。ファイト!

0 コメント

釉掛け後の片付け

ガスが足りるか少し不安だったが、この位残った。
ガスが足りるか少し不安だったが、この位残った。

晴れ

6時半に窯の火を止め、コタツで横になる。夜中、心配していた眠気に勝てず爆睡。1200℃で目覚めたからよかったものの、危ないったら‥。還元焼成だから還元かけたら眠れるのだけれど、起きる自信がないから眠らないようにしている。しかし、釉掛けから窯詰め後の2徹夜はやはり厳しい。平日で大型車両がガンガン通ったので「降りもの」が大丈夫かなぁ……と気になって仕方ない。

今日は朝から快晴で手板を洗って干したりするのに都合の良い日だったが、流石に午後から。15時過ぎには曇り出したが冷たい風のある日でよく乾いた。細工場の釉掛け後の片付けもだいたい終わった。窓ガラスは洗いたいが重いサッシを外して元に戻す作業に自信がない。右手親指が痛いのは変わらず。朝が一番キツイ。

0 コメント

窯焚き(還元焼成)

晴れ

窯詰めしていて、2:30頃寒くて貼るカイロを腰に。窯場の温度計は13℃弱。窯に火を入れて暖をとりながらする手もあるが、ガスの残量が不安なのでよす。明るくなる前に終わるかなぁと思ったけど、シミュレーション時と積み方を少し変えたこともあり、ゆっくりやったこともあり、子供たちの通学の時間になって最上段の大皿。棚板ギリギリサイズ。「降りもの」が心配なので大型車両が通らない土曜の夜から焚きたかったけど、予定通りには行かない。明日の朝まで眠らずにいられるかなぁ…年々不安が増していく。

※またWi-Fiの調子が悪く、昨日の分と2日分17時になる。

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け⇒窯詰め

朝のうち曇り のち 雲の多い晴れ

花器の内側からはみ出した釉薬を擦り落とし、外側にスプレーガンで釉掛け。エンゼルフィッシュの箸置きの表面にも。これで釉掛けは一応終わり。

窯場に運ぶ。入り口で降り積もった釉薬を吹き飛ばす。何日もかかった割に殆ど積もっていない。釉が薄そうなところ、触ってしまったところ等、細工場にUターンして吹き足す。底に敷く籾殻を用意して窯詰め開始。16時半頃からなので明朝5時頃には終わるだろう‥‥終わらなかったね。

窯詰めしていたら、ご近所さんが柿(富有柿かな)と林檎(富士だと思う)を持って来てくれた。おいしそう。数日前にいただいた、栗ご飯と焼き芋も「頑張ってやっているとご褒美があるんだよねぇ‥♪」とニッコニコでいただき、おいしかったなぁ。

※林檎は「ゴールデンデリシャス」柿は「次郎柿」ではないかと。種類が豊富でよくわからない。(31日追記)

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け

晴れたり曇ったり

三つ編みの取っ手部分に塗った釉薬を落としてからカップ類、ボウルの外側、ふた付器のふた、エンゼルフィッシュの裏側にスプレーガンで釉掛け。

花器3本の内側に柄杓掛け。

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け

晴れ

昨日できなかった、「天の川シリーズ」のご飯茶わん(ロクロ)の内側に釉掛け。

昨日内側に掛けた釉薬のはみ出し部分を擦り落としてから、カップ、蓋付器の本体、ぐい吞み、片口の外側に釉掛け。

0 コメント

釉掛け(カップ等の内側に柄杓掛け&ぐい吞みとご飯茶わんの内側にスプレーガンで)

晴れ

カップの内側用の釉薬が少ないので窯場で小さいバケツ1つに柄杓合わせで作り、細工場に運び古いのと混ぜる。その前に、沈殿しているのを撹拌してから‥と手でかきまぜたら「?今作ったのと違う」ノートを確認。しまった!配合割合が逆。作り直し。間違えた方は後日正しい割合に調合し直す。小バケツで良かった。

0 コメント

スプレーガンによる施釉

朝のうち曇りのち晴れ

午後釉掛け。午前中からラジオで東京は快晴のような話だったが益子は雲が多かった。次第に青空が広がり湿度も下がりいい感じに。釉薬が足りなくなりそうなので、柄杓合わせでバケツ1つ分作り、釉掛けを開始。午前中とは違い細工場に陽が射さないので薄暗く、釉薬のかかり具合が見やすい。更に陽が落ちた後はもっと見やすく。

0 コメント

WEB陶器市の準備

昨日システムメンテナンスが入るので管理画面での登録ができない時間があったため、登録期限が1日延長になり今日まで。終わるわけないと思っていたが終るかもしれない。雨の一日で釉掛けもできないから丁度よかった。と頑張ったので終了。やれやれ。腰と右手親指が痛くてたまらない。親指は「ばね指」だろうと素人診断。

明日は晴れそうだから釉掛けしたい。

0 コメント

WEB陶器市の準備

曇り

WEB陶器市の管理画面での登録前の整理が必要ということで、グーグル・スプレッドシートに基本情報の入力。

出品作品リストは昨日入力してあるが、お客さまがPCやスマホの画面で見た時の感じを想像して少し修正。

写真撮りの部屋に保管している出品作品を見ていて、レースのマグカップのラベンダーピンク(唯一2個あるマグ)が目に入り2種類ある取っ手の2種類だった。現物を見て購入される方はその場で選べるがWEBでは別作品として登録しないと‥2個のうちどちらかが届きますでは困るなぁと思い、1アイテムとして基本情報を入力。その他修正もあり、PCの部屋と写真撮りの部屋を行ったり来たりしながら情報入力を済ませて、専用管理画面に商品情報を入力するため管理画面にログインしようとしたら、メールアドレスかパスワードが違うと‥‥。違わない。駅舎2階のサポートセンターに出かける。1件位入力してみてから行こうと思っていたが‥早く行きなさいということだったのかもしれない。

グーグルクロームを使っていないのが原因かもしれないということで、時間も少ないのでサポートの方にインストールとパスワードの再設定をチャチャッとやってもらう。専用管理画面での商品登録の手順を一通り説明してもらい(説明会で教えてもらったが忘れている)やってみる。1件登録後に確認&間違いを指摘してもらう。17:45頃まで作業をして、行って良かった!と。穏やかな感じの人たちで本当に助かった。ありがとうございました。

18:45~21:30頃までシステムメンテナンスが入るので管理画面での登録はしないようにとメールが入っていたので、追加する写真を撮ったりする。レースの取皿の値引品も1アイテムとして別にページを作る必要があるので写真撮り。2種類のうち1種類が写真を撮っていて合格品の方に入れてもいいんじゃないか‥値引理由を説明しにくい。微妙なんだよね‥また悩む。結局、合格ラインギリギリということに。価格設定も廉めだし。

ビックリの足付き小鉢に「もずく酢」を入れてみよう!と買ってきたので、早速夕食で。ミントグリーンのエンゼルフィッシュの箸置きも自宅試用しているのがあり、丁度良かった。器も箸置きも規格外品(完全なBではない微妙品)だけど何の問題もなく使っている。この写真は使用イメージで採用。

夜中、登録済4件の作品説明の文章が内容と画面表示の両方ピンとこないので修正。

同じ内容をコピーする部分もあるので最初が肝心。 ※遅くなったので23日記載

0 コメント

WEB陶器市の登録用写真撮り

晴れ

今日は一日写真撮り。

その前に、レースの大皿と取皿の底擦りが途中になっていたので窯場で済ませる。どうやら選別に迷って後回しにしたままになっていた模様。窯出しから数か月たった今見ても悩む。合格させてもいいんじゃないの‥と思ったり、外しといた方が安心でしょ‥と思ったり。結局、定価が付いたのは半分。青札・赤札は直販だからできる価格なので、WEBでは扱わないことにした。が、取皿は2、3枚じゃ仕様がないから値引いて出品することにした。写真ではわからない。26時までかかって、写真200枚超撮り、サイズと重さを計り、あとも続けてやるか休憩しながら考えているところ。

0 コメント

スプレーガンによる施釉-3日目

晴れ  釉掛け日和の青空が広がり気持ちのよい一日

小皿、長方皿、プレート皿等の表面にスプレーガンで施釉。

今日は手が痛くてきつかった。作品登録がまだのようですが……とWEB陶器市の事務局から電話があった。窯にしなくちゃならないから後で。22日までに1つでも登録しておけば、後で登録できるのでしょ。と話したら、23日~30日までは登録できないので31日以降に。31日の初日に間に合わせるには22日までに登録しないとダメ。22日にサポートセンターを駅舎2階に移動するので22日に判らないことを聞きながら登録作業をするのがいいのでは?ということだった。

窯は後回しにして、写真を撮らないといけないなぁと思ったけど、今日の晴れて乾燥した日はもったいない。夜、釉掛けが終わってから写真撮りをしよう。ということにして、釉掛けを優先。窯場から撮影場所(2階の4畳半)に器を運んでから釉掛け再開。終わったのが遅い時間で結局写真撮りは明日に。一日あればサイズや重さを測ったりしながらできるでしょ。明日の天気ももったいないけどねぇ。

0 コメント

スプレーガンによる施釉-2日目

くもり 夕方一時雨

湿度が高いので指跡が付かないように気を付けて。裏面と外側への施釉はフチを持てるので幸いした。

0 コメント

スプレーガンによる施釉

朝のうち曇り のち 雲の多い晴れ

今日は曇りでも降らなければありがたい。と思っていたら晴れてきて大助かり。

カーテンを外し、ブルーシートを張り、飛散防止のガードを作り、バケツやタライ、釉薬を用意し、新しいスプレーガンを出してきて準備OK。ドキドキしながらスプレーガンを握ってみる。右手親指の付け根に当たらないように持てる。これならできる。よかった!

痛くて家事もしんどいのに、短時間に分けてだけど釉掛けはできた。家事はしなくていいから仕事をしなさいということかな。

0 コメント

WEB陶器市の写真撮影の準備

雨の一日で釉掛けできない。

WEB陶器市の写真撮りの準備をしておくことに。背景はグレーを推奨されたので、先日ホームセンターでみつけたカーテンに取り付ける遮光布で背景を作ってみた。

雨のせいもあり暗い。晴れた明るい日中に撮影できるとは限らないので、クリップ型の照明器具と実際の色に近く撮れるという白昼色(※昼白色が正しい。11/1追記)の電球を買ってきて取り付けてみた。

淡いグレーの表面がいいと思って購入した布だが科学繊維のため光ってよくない。裏面の濃いグレーの方が反射が少ないのでこちらを採用。それでも光るので照明にカバーを付けてみた。明らかに暗くなっているが反射は変わらないような、多少違うような‥‥2商品を5パターン撮ってみる。何十枚撮ったか、実物に近く撮るにはどうすればいいのか‥‥何時間か格闘し、こんなところだろうと諦める。今は撮ってすぐ確認・消去できるからいいけど、フィルム撮りだったらエライこと。外の芝の上にでも置いて自然光で撮る方が私は好きだけどねぇ。※昨日はjimdoにログインできなかったので18日記載。24時間以内のキャッシュをクリアしたらログインできた。

0 コメント

下地釉掛け

朝のうちくもり のち はれ

明日は雨の予報で釉掛けできないし、今日は曇りだけど湿度が高いし、やる気を削がれるなぁ……とコーヒーを飲んでゆっくりしていたら、明るくなって青空が見え出してきた。「おっ!いいぞ!」あわてて細工場に行き、バケツやタライを用意したりしているうちに、どんどん青空が広がり細工場の湿度もぐんぐん下がり釉掛け日和に。一時的かと思いきや夕方まで続いて「ありがたや」と天気の神さまに感謝!

肉眼では見えなかったキズがいくつか見つかった。タタラ作りのご飯茶わんは成績が悪く高台の輪っかを作ったつなぎ目がダメ。花器と同じでドベが原因だろうと思われる。

釉掛けが、ザンブリ掛けならその時に見つけられるけど、スプレーガンでの吹き付けでは見つけられない。他にも必要な理由があるから手間でも下地釉掛けはパスできない。

右手が痛くてもできたけど、水が冷たいせいか後半はしびれが出てきてまいった。でも終わってよかったなぁ。

0 コメント

本焼きのシミュレーション

くもり

本焼きの窯詰めのシミュレーションをしてみる。

花器が殆ど没になったので積み方によっては全部入るかもしれない。 棚板一枚に何をどう並べるか、一段の高さ(どの支柱を使うか)は? 具体的に並べてみて記録していく。 何度かやり直して結局全部入るようだ。

0 コメント

素焼き掃除

くもり

 

素焼き掃除おわり。写真のようにストレートカップとストレートマグの胴体の貼り合わせ部分にヒビが入っているのが各1個あった。

明日、下地釉を掛けてキズのチェックをする予定だが、もう無ければいい……今回はやけに出る。

 

素焼き掃除が終わったものを窯場から細工場に移し、6日にフルイ通しした釉薬をまとめる。5バケツのうち、3バケツを1バケツ、2バケツを1バケツに。これで今日の仕事はおしまい。

 

瓜らしきものをいただいた。持って来てくれた人も「なんだかわからない」という。※番外編へ

0 コメント

素焼きの窯出し&素焼き掃除

くもり 昨日と同じくらい蒸し暑い日

組合でゼーゲル、ホームセンターで素焼き掃除用の刷毛を買ってから窯出し。

3~4枚の貼り合せ花器大小8個のうち7個がつなぎ目がダメ。没。ほぼ全滅はまず無いこと。ガックリ。赤土の割合が合うドベがないので無理やり作ったけど粘りがないというか……良くなかったかもしれない。ロクロものを先にしてドベを確保するべきだった。窯焚きも昇温が早すぎたからかもしれない。

0 コメント

素焼き

くもり

朝から雨はなし 夕方から小雨

 

本焼き1窯分の素焼きなので余裕シャクシャクと思って最下段はスカスカで積んだら、毎度のことで上の2段で「入るのか?」となった。

大皿はどう積むも何もないから、中くらいの皿をみっちり奥に積み、大きい花器の中に入るものは入れて、最後に大皿は余裕で積んで。

多分本焼き1窯に全部は入らない……また、何を外すかで悩むなぁ。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

あめ 玄関のガラス戸の結露が激しい 拭き掃除をしてガラスがいつもキレイになる季節になった

素焼き前の余分な泥落としも全て終わった。明日は雨があがり次第、細工場から窯場に運んで窯詰め、素焼き。右手は痛いからと大事に休ませていると翌朝はほぼ動かない。痛くてもある程度使った方が翌朝の痛みも軽減することがわかった。素焼き前の泥落としも少しずつでもやればいずれ終わる……とやって結局3日で終わった。釉掛けも無理せずやり続ければ終わるだろう。天気に恵まれることを祈るのみ。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

くもり のち あめ

昼前は日常の買い物等でホームセンター→クリーニング店→コンビニ→銀行→ドラックストアと回っておしまい。昼過ぎは、昨日の続きで素焼き前の乾燥素地の余分な泥落とし。明日で終わるだろうと思う。作業が今日で終わったとしても、明日も雨の予報なので素地を窯場に運べないから、丁度いい進捗なのかもしれない。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

一輪挿し6個のうち、つなぎ目の1か所にキズ。残念!
一輪挿し6個のうち、つなぎ目の1か所にキズ。残念!

雨 肌寒い日

 

仕事を進めないと素焼きにも漕ぎ着けないので、乾燥した素地の余分な泥落としをした。

痛い親指の付け根をかばうためか、人差し指の付け根まで痛くなってきた。ポンコツだ……数時間やって、こりゃダメだということで中止。

 

WEB陶器市のプロフィールの入力と画像の提供をすることに。8日の今日が締め切り。何でもギリギリになる私。自撮り写真は肌の調子が悪くない時で「良かったなぁ」と切実に感じる。老化は仕方ないけど、若者でもないのにブツブツと赤い湿疹があるのは悲しいものね。

道の駅の写真撮り時は口角炎だった……カメラウーマンがまさに天職という感じの人で、いい時間だったなぁ。「この角度は口角炎で赤く腫れているのが見えるからイヤだ!」と言ったら「あとで消しておきますから……」と。そんなこともできるんだと感心&安心したっけ。(※芸能人や著名人がシミ等を消しているのは知ってるけど、私ら素人までそんなことをするとは……と思ったわけ。10日追記)

0 コメント

基礎釉のフルイ通し

朝のうち晴れ のち 曇り

 

明日から晴れマークがしばらく無さそうなので扇風機3台を仕舞う前の拭き掃除と羽根等外せる部分を外の洗い場で洗う。これが終わると何となくホッとする。細工場で邪魔になりあっちこっち移動するのも今日でおしまい。

2日に溶かしてあった基礎釉2種類のフルイ通しを2回。沈殿したら上水を捨て、1つのバケツにまとめる。使う分だけバケツに移して濃度調整し、柄杓合わせで必要な釉薬を作って使える。

0 コメント