窯焚き(還元焼成)

晴れ

窯詰めしていて、2:30頃寒くて貼るカイロを腰に。窯場の温度計は13℃弱。窯に火を入れて暖をとりながらする手もあるが、ガスの残量が不安なのでよす。明るくなる前に終わるかなぁと思ったけど、シミュレーション時と積み方を少し変えたこともあり、ゆっくりやったこともあり、子供たちの通学の時間になって最上段の大皿。棚板ギリギリサイズ。「降りもの」が心配なので大型車両が通らない土曜の夜から焚きたかったけど、予定通りには行かない。明日の朝まで眠らずにいられるかなぁ…年々不安が増していく。

※またWi-Fiの調子が悪く、昨日の分と2日分17時になる。

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け⇒窯詰め

朝のうち曇り のち 雲の多い晴れ

花器の内側からはみ出した釉薬を擦り落とし、外側にスプレーガンで釉掛け。エンゼルフィッシュの箸置きの表面にも。これで釉掛けは一応終わり。

窯場に運ぶ。入り口で降り積もった釉薬を吹き飛ばす。何日もかかった割に殆ど積もっていない。釉が薄そうなところ、触ってしまったところ等、細工場にUターンして吹き足す。底に敷く籾殻を用意して窯詰め開始。16時半頃からなので明朝5時頃には終わるだろう‥‥終わらなかったね。

窯詰めしていたら、ご近所さんが柿(富有柿かな)と林檎(富士だと思う)を持って来てくれた。おいしそう。数日前にいただいた、栗ご飯と焼き芋も「頑張ってやっているとご褒美があるんだよねぇ‥♪」とニッコニコでいただき、おいしかったなぁ。

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け

晴れたり曇ったり

三つ編みの取っ手部分に塗った釉薬を落としてからカップ類、ボウルの外側、ふた付器のふた、エンゼルフィッシュの裏側にスプレーガンで釉掛け。

花器3本の内側に柄杓掛け。

0 コメント

スプレーガンによる釉掛け

晴れ

昨日できなかった、「天の川シリーズ」のご飯茶わん(ロクロ)の内側に釉掛け。

昨日内側に掛けた釉薬のはみ出し部分を擦り落としてから、カップ、蓋付器の本体、ぐい吞み、片口の外側に釉掛け。

0 コメント

釉掛け(カップ等の内側に柄杓掛け&ぐい吞みとご飯茶わんの内側にスプレーガンで)

晴れ

カップの内側用の釉薬が少ないので窯場で小さいバケツ1つに柄杓合わせで作り、細工場に運び古いのと混ぜる。その前に、沈殿しているのを撹拌してから‥と手でかきまぜたら「?今作ったのと違う」ノートを確認。しまった!配合割合が逆。作り直し。間違えた方は後日正しい割合に調合し直す。小バケツで良かった。

0 コメント

スプレーガンによる施釉

朝のうち曇りのち晴れ

午後釉掛け。午前中からラジオで東京は快晴のような話だったが益子は雲が多かった。次第に青空が広がり湿度も下がりいい感じに。釉薬が足りなくなりそうなので、柄杓合わせでバケツ1つ分作り、釉掛けを開始。午前中とは違い細工場に陽が射さないので薄暗く、釉薬のかかり具合が見やすい。更に陽が落ちた後はもっと見やすく。

0 コメント

WEB陶器市の準備

昨日システムメンテナンスが入るので管理画面での登録ができない時間があったため、登録期限が1日延長になり今日まで。終わるわけないと思っていたが終るかもしれない。雨の一日で釉掛けもできないから丁度よかった。と頑張ったので終了。やれやれ。腰と右手親指が痛くてたまらない。親指は「ばね指」だろうと素人診断。

明日は晴れそうだから釉掛けしたい。

0 コメント

WEB陶器市の準備

曇り

WEB陶器市の管理画面での登録前の整理が必要ということで、グーグル・スプレッドシートに基本情報の入力。

出品作品リストは昨日入力してあるが、お客さまがPCやスマホの画面で見た時の感じを想像して少し修正。

写真撮りの部屋に保管している出品作品を見ていて、レースのマグカップのラベンダーピンク(唯一2個あるマグ)が目に入り2種類ある取っ手の2種類だった。現物を見て購入される方はその場で選べるがWEBでは別作品として登録しないと‥2個のうちどちらかが届きますでは困るなぁと思い、1アイテムとして基本情報を入力。その他修正もあり、PCの部屋と写真撮りの部屋を行ったり来たりしながら情報入力を済ませて、専用管理画面に商品情報を入力するため管理画面にログインしようとしたら、メールアドレスかパスワードが違うと‥‥。違わない。駅舎2階のサポートセンターに出かける。1件位入力してみてから行こうと思っていたが‥早く行きなさいということだったのかもしれない。

グーグルクロームを使っていないのが原因かもしれないということで、時間も少ないのでサポートの方にインストールとパスワードの再設定をチャチャッとやってもらう。専用管理画面での商品登録の手順を一通り説明してもらい(説明会で教えてもらったが忘れている)やってみる。1件登録後に確認&間違いを指摘してもらう。17:45頃まで作業をして、行って良かった!と。穏やかな感じの人たちで本当に助かった。ありがとうございました。

18:45~21:30頃までシステムメンテナンスが入るので管理画面での登録はしないようにとメールが入っていたので、追加する写真を撮ったりする。レースの取皿の値引品も1アイテムとして別にページを作る必要があるので写真撮り。2種類のうち1種類が写真を撮っていて合格品の方に入れてもいいんじゃないか‥値引理由を説明しにくい。微妙なんだよね‥また悩む。結局、合格ラインギリギリということに。価格設定も廉めだし。

ビックリの足付き小鉢に「もずく酢」を入れてみよう!と買ってきたので、早速夕食で。ミントグリーンのエンゼルフィッシュの箸置きも自宅試用しているのがあり、丁度良かった。器も箸置きも規格外品(完全なBではない微妙品)だけど何の問題もなく使っている。この写真は使用イメージで採用。

夜中、登録済4件の作品説明の文章が内容と画面表示の両方ピンとこないので修正。

同じ内容をコピーする部分もあるので最初が肝心。 ※遅くなったので23日記載

0 コメント

WEB陶器市の登録用写真撮り

晴れ

今日は一日写真撮り。

その前に、レースの大皿と取皿の底擦りが途中になっていたので窯場で済ませる。どうやら選別に迷って後回しにしたままになっていた模様。窯出しから数か月たった今見ても悩む。合格させてもいいんじゃないの‥と思ったり、外しといた方が安心でしょ‥と思ったり。結局、定価が付いたのは半分。青札・赤札は直販だからできる価格なので、WEBでは扱わないことにした。が、取皿は2、3枚じゃ仕様がないから値引いて出品することにした。写真ではわからない。26時までかかって、写真200枚超撮り、サイズと重さを計り、あとも続けてやるか休憩しながら考えているところ。

0 コメント

スプレーガンによる施釉-3日目

晴れ  釉掛け日和の青空が広がり気持ちのよい一日

小皿、長方皿、プレート皿等の表面にスプレーガンで施釉。

今日は手が痛くてきつかった。作品登録がまだのようですが……とWEB陶器市の事務局から電話があった。窯にしなくちゃならないから後で。22日までに1つでも登録しておけば、後で登録できるのでしょ。と話したら、23日~30日までは登録できないので31日以降に。31日の初日に間に合わせるには22日までに登録しないとダメ。22日にサポートセンターを駅舎2階に移動するので22日に判らないことを聞きながら登録作業をするのがいいのでは?ということだった。

窯は後回しにして、写真を撮らないといけないなぁと思ったけど、今日の晴れて乾燥した日はもったいない。夜、釉掛けが終わってから写真撮りをしよう。ということにして、釉掛けを優先。窯場から撮影場所(2階の4畳半)に器を運んでから釉掛け再開。終わったのが遅い時間で結局写真撮りは明日に。一日あればサイズや重さを測ったりしながらできるでしょ。明日の天気ももったいないけどねぇ。

0 コメント

スプレーガンによる施釉-2日目

くもり 夕方一時雨

湿度が高いので指跡が付かないように気を付けて。裏面と外側への施釉はフチを持てるので幸いした。

0 コメント

スプレーガンによる施釉

朝のうち曇り のち 雲の多い晴れ

今日は曇りでも降らなければありがたい。と思っていたら晴れてきて大助かり。

カーテンを外し、ブルーシートを張り、飛散防止のガードを作り、バケツやタライ、釉薬を用意し、新しいスプレーガンを出してきて準備OK。ドキドキしながらスプレーガンを握ってみる。右手親指の付け根に当たらないように持てる。これならできる。よかった!

痛くて家事もしんどいのに、短時間に分けてだけど釉掛けはできた。家事はしなくていいから仕事をしなさいということかな。

0 コメント

WEB陶器市の写真撮影の準備

雨の一日で釉掛けできない。

WEB陶器市の写真撮りの準備をしておくことに。背景はグレーを推奨されたので、先日ホームセンターでみつけたカーテンに取り付ける遮光布で背景を作ってみた。

雨のせいもあり暗い。晴れた明るい日中に撮影できるとは限らないので、クリップ型の照明器具と実際の色に近く撮れるという白昼色の電球を買ってきて取り付けてみた。

淡いグレーの表面がいいと思って購入した布だが科学繊維のため光ってよくない。裏面の濃いグレーの方が反射が少ないのでこちらを採用。それでも光るので照明にカバーを付けてみた。明らかに暗くなっているが反射は変わらないような、多少違うような‥‥2商品を5パターン撮ってみる。何十枚撮ったか、実物に近く撮るにはどうすればいいのか‥‥何時間か格闘し、こんなところだろうと諦める。今は撮ってすぐ確認・消去できるからいいけど、フィルム撮りだったらエライこと。外の芝の上にでも置いて自然光で撮る方が私は好きだけどねぇ。※昨日はjimdoにログインできなかったので18日記載。24時間以内のキャッシュをクリアしたらログインできた。

0 コメント

下地釉掛け

朝のうちくもり のち はれ

明日は雨の予報で釉掛けできないし、今日は曇りだけど湿度が高いし、やる気を削がれるなぁ……とコーヒーを飲んでゆっくりしていたら、明るくなって青空が見え出してきた。「おっ!いいぞ!」あわてて細工場に行き、バケツやタライを用意したりしているうちに、どんどん青空が広がり細工場の湿度もぐんぐん下がり釉掛け日和に。一時的かと思いきや夕方まで続いて「ありがたや」と天気の神さまに感謝!

肉眼では見えなかったキズがいくつか見つかった。タタラ作りのご飯茶わんは成績が悪く高台の輪っかを作ったつなぎ目がダメ。花器と同じでドベが原因だろうと思われる。

釉掛けが、ザンブリ掛けならその時に見つけられるけど、スプレーガンでの吹き付けでは見つけられない。他にも必要な理由があるから手間でも下地釉掛けはパスできない。

右手が痛くてもできたけど、水が冷たいせいか後半はしびれが出てきてまいった。でも終わってよかったなぁ。

0 コメント

本焼きのシミュレーション

くもり

本焼きの窯詰めのシミュレーションをしてみる。

花器が殆ど没になったので積み方によっては全部入るかもしれない。 棚板一枚に何をどう並べるか、一段の高さ(どの支柱を使うか)は? 具体的に並べてみて記録していく。 何度かやり直して結局全部入るようだ。

0 コメント

素焼き掃除

くもり

 

素焼き掃除おわり。写真のようにストレートカップとストレートマグの胴体の貼り合わせ部分にヒビが入っているのが各1個あった。

明日、下地釉を掛けてキズのチェックをする予定だが、もう無ければいい……今回はやけに出る。

 

素焼き掃除が終わったものを窯場から細工場に移し、6日にフルイ通しした釉薬をまとめる。5バケツのうち、3バケツを1バケツ、2バケツを1バケツに。これで今日の仕事はおしまい。

 

瓜らしきものをいただいた。持って来てくれた人も「なんだかわからない」という。※番外編へ

0 コメント

素焼きの窯出し&素焼き掃除

くもり 昨日と同じくらい蒸し暑い日

組合でゼーゲル、ホームセンターで素焼き掃除用の刷毛を買ってから窯出し。

3~4枚の貼り合せ花器大小8個のうち7個がつなぎ目がダメ。没。ほぼ全滅はまず無いこと。ガックリ。赤土の割合が合うドベがないので無理やり作ったけど粘りがないというか……良くなかったかもしれない。ロクロものを先にしてドベを確保するべきだった。窯焚きも昇温が早すぎたからかもしれない。

0 コメント

素焼き

くもり

朝から雨はなし 夕方から小雨

 

本焼き1窯分の素焼きなので余裕シャクシャクと思って最下段はスカスカで積んだら、毎度のことで上の2段で「入るのか?」となった。

大皿はどう積むも何もないから、中くらいの皿をみっちり奥に積み、大きい花器の中に入るものは入れて、最後に大皿は余裕で積んで。

多分本焼き1窯に全部は入らない……また、何を外すかで悩むなぁ。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

あめ 玄関のガラス戸の結露が激しい 拭き掃除をしてガラスがいつもキレイになる季節になった

素焼き前の余分な泥落としも全て終わった。明日は雨があがり次第、細工場から窯場に運んで窯詰め、素焼き。右手は痛いからと大事に休ませていると翌朝はほぼ動かない。痛くてもある程度使った方が翌朝の痛みも軽減することがわかった。素焼き前の泥落としも少しずつでもやればいずれ終わる……とやって結局3日で終わった。釉掛けも無理せずやり続ければ終わるだろう。天気に恵まれることを祈るのみ。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

くもり のち あめ

昼前は日常の買い物等でホームセンター→クリーニング店→コンビニ→銀行→ドラックストアと回っておしまい。昼過ぎは、昨日の続きで素焼き前の乾燥素地の余分な泥落とし。明日で終わるだろうと思う。作業が今日で終わったとしても、明日も雨の予報なので素地を窯場に運べないから、丁度いい進捗なのかもしれない。

0 コメント

素焼き前の余分な泥落とし

一輪挿し6個のうち、つなぎ目の1か所にキズ。残念!
一輪挿し6個のうち、つなぎ目の1か所にキズ。残念!

雨 肌寒い日

 

仕事を進めないと素焼きにも漕ぎ着けないので、乾燥した素地の余分な泥落としをした。

痛い親指の付け根をかばうためか、人差し指の付け根まで痛くなってきた。ポンコツだ……数時間やって、こりゃダメだということで中止。

 

WEB陶器市のプロフィールの入力と画像の提供をすることに。8日の今日が締め切り。何でもギリギリになる私。自撮り写真は肌の調子が悪くない時で「良かったなぁ」と切実に感じる。老化は仕方ないけど、若者でもないのにブツブツと赤い湿疹があるのは悲しいものね。

道の駅の写真撮り時は口角炎だった……カメラウーマンがまさに天職という感じの人で、いい時間だったなぁ。「この角度は口角炎で赤く腫れているのが見えるからイヤだ!」と言ったら「あとで消しておきますから……」と。そんなこともできるんだと感心&安心したっけ。(※芸能人や著名人がシミ等を消しているのは知ってるけど、私ら素人までそんなことをするとは……と思ったわけ。10日追記)

0 コメント

基礎釉のフルイ通し

朝のうち晴れ のち 曇り

 

明日から晴れマークがしばらく無さそうなので扇風機3台を仕舞う前の拭き掃除と羽根等外せる部分を外の洗い場で洗う。これが終わると何となくホッとする。細工場で邪魔になりあっちこっち移動するのも今日でおしまい。

2日に溶かしてあった基礎釉2種類のフルイ通しを2回。沈殿したら上水を捨て、1つのバケツにまとめる。使う分だけバケツに移して濃度調整し、柄杓合わせで必要な釉薬を作って使える。

0 コメント

カップの泥仕上げ、星のご飯茶わんの泥ならし

くもり 朝一時雨

 

今日で素地作りはおしまい。乾くのを待って素焼き。本焼きにたどりつけるか微妙。

右手親指が痛くて釉掛けができないかもしれない。一部左利きだから、左でできるかも。しかし、右でも安定しないのだから止めといた方がいいような気がする。しばらく手を休めれば治るか……タオルもキッチリ絞れないのが数日で治るとは思えないけど、草も見て見ぬふりをして少しゆっくりしてみましょう。

0 コメント

カップの成形、ご飯茶わんに星を描く等

曇り

3サイズ作ったストレートカップの変形バージョンでカップを作ってみた。3サイズ作った中の一番小さいのと背丈は同じだが、少し細め。思ったほど面白くない。写真で見ると違いは判らない。カップの側面を成形し、底付けできる硬さに乾くまでの時間、ご飯茶わんに星を描き、ビックリのご飯茶わんと花留めの泥塗り部分の凸凹のならし。

0 コメント

ご飯茶わんの泥仕上げ

朝のうち晴れ のち 曇り

思いついたことがあり、カップを作るためのタタラを準備。揉んだ粘土が1本あったので丁度良かった。

ご飯茶わんにビックリと星を描いて泥仕上げ。その前に地模様の色泥を吹付けるのを失念。マスキングを始めて2個目で気づく。還元焼成だから地模様は不要だったかもしれない。きつくならないように赤土の量を少なくしたから、アクセントにチョット入れるか……ということで黄茶混合泥を少し吹付けてみた。既に作っているもの(湯飲み等)と合わせるため、マスキングを取り除いてから色泥を吹付け。

腰に泥塗りし、ビックリ描きは全て終わったが、星は途中まで。内側をワンポイントの「一番星」にするか、賑やかな「満点星」にするか少し悩める。小サイズに「満点星」はうるさいような気がして1個だけ「一番星」にしてみたが……。明日までに決める。

0 コメント

蓋付器等に白泥の柄杓掛け他

晴れ

 

蓋付器、湯飲み、片口の内側に白泥を柄杓掛け。

ご飯茶わんの高台削り。

0 コメント

蓋付器等の泥仕上げ

曇りのち晴れ

 

昼食前、する予定の無かった草取りをしてしまった。予定していないから手袋もせず素手で帽子もかぶらず……どこもかしこも草だらけ。途中で陽が射してきたから流石に帽子はかぶった。

 

明日、泥掛けする湯飲み等の泥仕上げ。星のキレイな季節になるから、星をメインに描く。

0 コメント

湯飲み等に白泥の柄杓掛け他

晴れ  待ちに待ったカラリと晴れた一日

月末で用事が多いのでSecondWorkは休みをもらった。今月一杯で契約終了。10月は本業に専念の予定。

昼前はまだ湿度が高いので、家中の窓や玄関の戸などを全開にして湿度が下がるのを待つ。午後58%になった所で泥掛け開始。時間の経過とともに54%まで下がった。もっと低ければ夕方までには乾いてしまうのだが、室内干しなので夕方からの湿度上昇が心配で、用事を済ませて帰宅した17時過ぎから窓を閉めて除湿器を稼働。

日曜に挽いた湯のみ等、高台削り。全部終わりそうも無いので、明後日の晴天に泥掛けする湯飲み、蓋付器を優先。蓋付器の蓋は1個以外ほぼピッタリで安堵。

0 コメント

高台削り

くもり

 

日曜(一昨日)に挽いたご飯茶わんと湯飲み、片口の高台削り。一部のこり。

0 コメント

高台削り、蓋付器のロクロ挽き

雲の多い晴れ 今日は泥掛け日和だったなぁ

 

土曜日に挽いたご飯茶碗の高台削り。1個削り過ぎて没。昨日挽いたのは乾きが不十分で削れない。蓋付の小さな器のロクロ挽き。本体と蓋の収縮率が少し違うのか蓋が大き過ぎることがよくある。どうか合いますように。

 

0 コメント

ロクロ挽き(ご飯茶わん・湯飲み)

曇り 昼過ぎ晴れ

曇りの予報だったので洗濯物は部屋干しにして除湿器を稼働させた。予報に反して昼過ぎから青空が広がり外に干した方が良かったかなとも思った。でも、夕方には取り込まなければならない「チョットした面倒くささ」から解放され、仕事に集中できたから「まぁいいんじゃないか」と。

右手親指の付け根の痛みは昨日より大。菊練りも少しこたえたし、ロクロ挽きも芯出しの時に「う~ん…」という感じ。でも、ロクロは昨日より調子良く、いい感じに進んだ。

0 コメント

ボウルに満天星を描く&ロクロ挽き

雨のち曇り

 

昨日成形した小さいボウルに満天星を描く。

ご飯茶わんのロクロ挽きを少し。

 

右手親指の付け根がものに当たると痛い。

右手なので菊練りはできるが釉掛けのスプレーガンは持てないだろう。紙を切る程度のハサミなら使えるがキッチンバサミは厳しいから。今月一杯で終わるSecondWorkを辞めたら治るだろうと思っている。冬のSecondWorkでは腰をやられたが辞めてから暫くして治った。同じ動作を一日中していると、どこかに異常が出る。来月から本業に専念で自分で仕事の段取りをつけられる。同じ作業が続かないように注意すればいい。

0 コメント

ストレートカップの泥ならし他

雨のち曇り

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ他

くもり

 

この数日SecondWorkが15時に終わるので助かっている。今日はweb陶器市の申し込みを観光商工課に出してきた。引っかかっている点は昨日役場に確認して一応納得。受け取った情報は正しい。ただし、受け取り方で様々だろう。言葉は容易に誤解を招く。

 

昨日の続きでストレートカップの泥仕上げ。スポンジ塗り部分をして、乾くまで待てないので凸凹のならしは明日。あとは明日作るタタラの用意をして本日は終了。

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ他

降ったり止んだり

 

昨日成形したストレートカップとプレート形花留めの泥仕上げ。

0 コメント

ストレートカップの成形

晴れのち曇り

 

ストレートカップの側面を成形。底が付けられる硬さに乾くまで黒ロウバイの剪定。

根元に植えてある彼岸花に陽が当たらないので、どんどん切って大分スッキリした。

暗くなるまでやって、カップの底付けをするのに丁度いいくらいになってから底付け。

 

 

0 コメント

明日のタタラを用意

くもり のち はれ

 

午後1時頃から青空が広がったが、私は外干しをしないので細工場の湿度が下がらないと泥掛けはできない。湿度68%では厳しい。湯飲みの内側に白泥を柄杓掛けするのは延期。次の日曜にできるか……晴れることを祈ろう。

ロクロ挽きをしたいが、昨日カッターで紙ではなく自分の指を切ってしまったので暫くは無理。タタラ作りならできると思うので明日の準備。ストレートカップを3サイズ成形済だが、もう1サイズ小さいのを作ることに。

0 コメント

湯飲みに星とビックリを描く

雨のち曇り

 

湯飲みに白泥で星とビックリを描く。

明日、内側に白泥を柄杓掛けしたいが天気が芳しくない感じ。SecondWorkを休みにする日を明後日にした方が良かったみたい。天気は先が判らないから賭けのようなもの。

明日は昼頃には晴れそうだけれど、地面にたっぷり水を蓄えているから下からの湿気が気になる。気休め程度でも、細工場で除湿機を一晩稼働させることに。

 

 

0 コメント

湯飲みの泥ならし

くもり

 

土揉みのあと、昨日泥塗りした湯飲みの泥の凸凹をならす作業。

0 コメント

片口のどろならし&イッチン描き、湯飲みの腰に泥塗り

くもり 日中青空も

 

 

0 コメント

片口の腰に泥スポンジ塗り

くもり

 

野菜の収穫日。SecondWorkを終えて帰宅後、日課の手袋などの洗濯後、家庭菜園で野菜の収穫。もう終わりに近い「オクラ」と「茄子」。霜が降りるまで行けそうな「ツルムラサキ」。色付き出したカラーピーマン。今日は「黄ピーマン」。調理したりしているうちに時間はどんどん過ぎ、細工場に入ったのは8時近く。片口に泥塗りをして今日はおしまい。

 

 

0 コメント

湯飲み・片口の外側に地模様の泥吹付け

くもり

 

web陶器市の作品登録レクチャー会に行ってきた。作業量はかなり多いと感じた。引っかかる情報があり、真偽を確認していないので、まだ出品申し込みはしていない。

19時半頃帰宅。湯飲みと片口の外側に地模様の泥を吹付け、ペアにする組合せを決めるところまで。

0 コメント

片口の高台削り・花留めの泥ならし

くもり  少し青空も

0 コメント

湯飲みの高台削り

晴れ

 

片口は残し、湯飲みの高台削り。

0 コメント

高台削りはできず、花留めの仕上げ

晴れ→曇り→雨

 

朝のうち綺麗な青空だったが、昼頃から曇り出し、夕方より前から雨。せわしない空模様の一日。家事をしている間は汗・汗・汗だったが、落ち着いてみると過ごしやすい日だった。

 

日曜の今日はやはり色々やることだらけで、細工場に入ったのは19時頃。高台削りをするつもりで保管していた発泡スチロールの箱を開けて削る部分を触ってみると柔らかすぎる。こりゃダメだ……ということで、少しだけ作った花留めの仕上げをすることに。底を整え、泥塗り。泥のならし作業は乾くのを待ってられないので明日。

0 コメント

湯飲みと片口の高台削り

くもり

 

一昨日挽いた湯のみと片口の高台削り。

昨日挽いた分は明日。朝、ひっくり返す時間がなく、そのままSecondWorkに出かけた。乾燥が気になったが、曇りという天候が幸いし問題なし。

0 コメント

今日も湯飲みと片口のロクロ挽き

晴れ  秋の気配が感じられる

 

今日も湯飲みと片口のロクロ挽き。3時間位で、もう少し続けたいのだけれど…というところで止めることに。明朝起きられないと困る。

限られた時間の中での作陶と、好きなだけ自由にできる作陶と出来上がるものの違いは何だろう……と思ったりする。多分「遊び」だろう。最も欲している部分。

0 コメント

湯飲みと片口を少し

明るい曇り

 

湯飲みと片口をロクロ挽き。久々なのでウォーミングアップ程度になった。明日も少し挽いてみる。

0 コメント

明日はロクロを挽きたいので粘土を用意

晴れ まだ残暑が厳しい

 

だいたい2日に1回収穫する野菜。2日に1回は冷凍保存する為の調理や加工の時間が必要になる。今日はその日。洗濯日でもあり、作陶の時間がとれない。が、作陶するにも粘土の準備ができていない。丁度いい具合に事は運ぶようだ。明日はロクロを挽きたいので粘土を柔らかめに調整して用意。今日の細工場での仕事はこれだけ。

0 コメント

小さい花器の泥ならし

雲の多い晴れ

 

昨日泥塗りした花器の泥ならし。

はみ出し部分の調整と泥の凸凹を適度にならして素地の完成。あとは、ゆっくり乾燥させて貼り合わせ部分のフチ周辺にキズが入らないように祈るのみ。

0 コメント

小さい花器の泥仕上げ

くもり

 

昨日泥塗りした3個の表面のならし。

残りの3個、白泥のスポンジ塗り。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

小さい花器の泥仕上げ

雲の多い晴れ

 

日曜ですることだらけ。結局、平日と同じく細工場に入ったのは夜。泥塗りは半分の3個のみ。遅々として進まない。

 

家庭菜園の周りに植えた彼岸花が2本開花。早いような気がする。写真は番外編に。

0 コメント

小さい花器の成形-終わり

晴れ

 

小さな花器(4枚仕立て)の成形。

これで6個。明日泥仕上げの予定。

 

0 コメント

小さい花器を1つ成形

晴れ 暑かった

 

SecondWorkが1か月契約延長になったので今月も帰宅後、夜の作陶生活になる。

今日は陶器市がコロナの関係で中止になった為というわけでもないようだが「web陶器市」を春に次いで開催するということで説明会に行ってきた。春は窯焚きが終わる前に出品登録しなければならないスケジュールだったので、参加しなかった。今回は10月早々に窯焚きすれば、いけるか……という感じ。万が一のことがあっても、少しストックもあるから参加できるかなと(陶器市でしか販売できない赤札・青札はそれなりにあるけどね。webは「定価のもの」と春の案内には書いてあったから今回もそうだろうと確認はしていない)。※説明会でもらったレジメを確認したら、B品等の割引商品の価格表示についての記載があった。どうやら正規品のみならず、B品も販売できるようだ。(7日追記)

説明会から戻り次第に、ここ数日の日課になっている小さい花器の成形をした。今日は昨日までの3枚仕立てではなく、4枚仕立て。SecondWorkで何の関係か爪が割れて家事をするにも都合が悪い状態が続いているが、タタラの成形には爪が邪魔なので問題なくできている。今日は調子良かった。

0 コメント

小さい花器を1つ成形

雲の多い晴れ

 

4個目の小さい花器を成形。

 

0 コメント

小さい花器を1つ成形

くもり 朝と昼に雨

 

今日も小さい花器を成形。あと3個作る予定。

3日間で作った花器の中で一番好きなのは初日のもの。何日もかけて一日一個作ると、だいたい初日に作ったものがいい感じ……ということになる不思議。学習していないことがいい……という不思議。面白い仕事だと思う。仕事だと思わなければもっといいものが作れるのだろうとも思う。

0 コメント

小さい花器を1つ成形

くもり

 

今日も1つ小さい花器を成形。

 

0 コメント

小さい花器を1つ成形

くもり 日中はれ 夜あめ

気温もあまり上がらず風もあり過ごしやすかった

 

昨日泥仕上げをした星空の夫婦ご飯茶わんの泥塗り部分のならし。

その後、小さい花器を3枚仕立てで1つ成形。

アールのキツイつなぎ目部分が乾燥でキズにならないか少し不安。小さいので、内側の底のつなぎ目部分をキレイにならすのに手間取った。

 

 

0 コメント

夫婦飯碗の泥仕上げ

晴れ 16時過ぎから曇り

 

草取りをして花壇等に水やりし終わった時点で薄暗くなり、19時前なのに日が暮れるのが早くなったと実感。

 

内側にも星空を描いたのを1組。これで夫婦飯碗の素地はおしまい。

28日に仕上げ済みの星空は内側はワンポイントの1個だけ。
28日に仕上げ済みの星空は内側はワンポイントの1個だけ。
0 コメント

夫婦飯碗の泥ならし&明日成形のタタラを用意

晴れ 細工場22時半でも29.2℃

 

異常な暑さなのか通常の暑さなのか……少なくとも私の子供の頃の暑さではないのは確か。

住んでいる地域が違うから比較にならないともいえるけど、夜10時半で29.2℃はないでしょ。原因を作っているのは私たち人間だろうと思う。

 

観光協会から秋の陶器市は中止という案内が届いた。予想していたことなので特に感慨もない。

未知の病というのは恐ろしいものだと実感している。病そのものを恐れることよりも、それに付随した現象が恐ろしいと感じている。

 

0 コメント

夫婦飯碗の泥仕上げ

晴れ 朝8時過ぎの陽射しは結構きつかった

夜8時で細工場の気温31.2℃

 

夫婦のご飯茶わんの泥仕上げ。

和紙柄の白泥塗りと星空のコンビで。

泥塗り部分のならしは明日。

0 コメント

夫婦飯碗の泥ならし

雲の多い晴れ  午後5時半前帰宅したら庭が濡れていた。雨が降った模様

 

昨日泥塗りした部分のならし。

時間があまりないのと気持ちが乗らないのと両方の理由でここまで。

0 コメント

夫婦飯碗の泥仕上げ

晴れ 朝晩の暑さは落ち着いた感じ

 

夫婦のご飯茶わんの泥仕上げ。

白泥のスポンジ塗りとビックリのイッチン描き。

泥塗り部分のならしは明日。

 

 

0 コメント

夫婦飯碗の大きい方の高台にキズ。同じ泥仕上げを1個。

晴れ ひどい暑さが少し落ち着いた感じ

 

昨日、泥塗りした夫婦飯碗の大、高台に薄っすらとキズがあり、1個もう一度泥塗り。小の泥塗り部分のならし。

 

0 コメント

夫婦飯碗の1組だけ泥仕上げ

手前の4個がぐい吞み
手前の4個がぐい吞み

晴れ

 

昨日泥塗りした、ぐい吞みの内側のならし。

夫婦のご飯茶わんの1組だけ、泥仕上げ。

小さいほうの泥が乾かないので、ならしは明日。

 

 

0 コメント

ぐい吞みの泥仕上げ

曇りのち晴れ  昼過ぎ一時雨 

 

昨日の時点で雨の日曜になる予報だったが外れたので洗濯や草刈り・草取りに支障もなく、連日の猛暑からも解放され「ありがたや」という感じの休日になった。

昼過ぎから午後5時頃まで、昨日泥塗りしたフチのはみだし部分の処理とならし。7時まで草刈りと草取り。9時半前まで星やビックリを描いたり、内側に泥塗りしたり。

0 コメント

ぐい吞みの泥仕上げ

晴れ  昨日より過ごしやすい

ぐい吞みの泥仕上げは1個だけビックリを描いたが外側の泥塗り部分のみ。

0 コメント

ぐい吞みの泥仕上げ

晴れ  細工場18時頃でも34℃超

 

昨日、外側を仕上げた2個の内側の泥仕上げ。

明日は土曜日なので夜遅くまでもできる。残り全部をやりたいが、どうだろう。

 

 

 

0 コメント

ぐい吞みの泥仕上げ

晴れ 夕方でも細工場は33.4℃

 

SecondWorkが終わってから、月一の調味料や保存食の買い物に。メモを忘れ、思い出しながらなので少し時間がかかった。

帰宅後、買い忘れ等もう一軒行き、少し涼しくなった夜、ぐい吞みの泥仕上げ。外側のみ2つ。

 

 

0 コメント

ぐい吞みに地模様の泥吹付け

晴れ

 

0 コメント

ぐい吞みの高台削り

雲の多い晴れ

 

SecondWorkで19時まで残業できるか聞かれるも、その時間になったら乾き過ぎてしまうので17時まで。

 

高台を削れるギリギリの硬さでセーフ。

 

0 コメント

ぐい吞みをロクロ挽き

晴れ

 

夫婦ご飯茶わんの泥仕上げは時間的に無理な感じなので、ぐい吞みをロクロ挽き。

 

今日も暑かったけど、昨日は変に暑かったような気がする。裏の草刈りをしただけで、まさに絞るほどの汗。シャツの胸ポケットに入れていた枯草を燃やすためのマッチ箱が濡れて変形していた。草刈りが終わった時点で暗くなりかけていたので、花壇と鉢植えに水やりをして家の中に入った時点で真っ暗。汗だくでもう何もする気になれず、細工場には入らずじまい。

0 コメント

星形豆皿のフチの泥落とし

晴れ

 

何日ぶりかで花壇の草取り。裏の草刈りをしようと鎌を持って庭に出たが、花壇の徒長したブラックベリーの枝切に始まり、ストケシアの終わった花の刈取り、周辺の草を取っているうちに暗くなり、裏の草刈りは後日に。毎日こんな感じ……予定通りには行かない。

 

昨日泥塗りした豆皿のフチにはみ出した泥を落とす作業のみ。

 

0 コメント

星形豆皿の泥仕上げ

晴れ  一時雨

 

夕方の雨で鉢植えと花壇に水やり不用。

毎日降ってくれると助かるんだけど……そう都合よく行かない。

 

豆皿の外側に地模様の泥を吹付けてから、内側に白泥のスポンジ塗り。凸凹を平らにする作業までできた。

0 コメント

星形豆皿の成形

晴れ のち 曇り 一時激しい雨

 

予報では午後1、2mmの雨が降りそうだったので、たいしたことないと窓をどこもかしこも開けたままでSecondWorkに。しかし、昼前に雷がしきり……これはいかん……ということで昼休みに窓閉めのため帰宅。ものすごい雨は一時だったが、近い職場でラッキーだった。

0 コメント

明日のタタラを用意

晴れ 37℃を超えた模様 強烈な暑さだった 22時過ぎても細工場は30.4℃

 

ご飯茶わんの泥仕上げをするほどのまとまった時間は取れず、明日のタタラを用意したのみ。

0 コメント

夫婦ご飯茶わんに地模様の泥吹付け

晴れ

 

山の日で祝日だが、SecondWorkは普通にあり。泥仕上げができるほどの時間はなく、地模様の泥を吹付け、あとは土揉み。

 

朝、オクラを採りに行ってあっと言う間に腕を4か所も蚊に刺された。足の裏を石けんで洗うと蚊が来ないと聞き実戦しているのに……アルコールで拭くといいとも……でも効きそうもないな。常在菌が相当いるということか。

0 コメント

夫婦ご飯茶碗(小)高台付け

くもり 少し風もあり過ごしやすい日だった

 

ご飯茶わん(小)の本体に高台付け。昨日の大サイズと同じにしか見えないので写真は無し。

0 コメント

夫婦ご飯茶碗(大)高台付け

晴れ

 

今日も暗くなるまで草取り。それをしなければ小サイズもできたけど、現状草取りをしないではいられない。草の実がこぼれ落ちる前に取ってしまいたい。

0 コメント

夫婦ご飯茶碗(小)の本体成形

晴れ 8月の暑さだなぁと……しんどいけれど、このまま続いて欲しいと思う

 

3本植えた茄子は1本だけがまぁまぁの育ち方で、他の2本はいじけてしまっている。おかしな気候ながら順調に育っていると思われる1本も実になる数が少ないし花も少ない。久々に3個収穫し、焼き茄子にして食べたが美味しかった。家庭菜園はこれでもいいけれど、生産者は打撃だろう。

0 コメント

夫婦ご飯茶碗(大)の本体成形

晴れ

 

試作した夫婦茶わん、柄を変えて5セット作ってみる。今日は大サイズの本体成形。

0 コメント

明日成形予定のタタラを用意

晴れ

 

明日成形予定のタタラを用意。

昨日泥仕上げをした夫婦ご飯茶わんのバリ取り。

夕方暗くなるまで草取りをしたが、暗くなる時間が早くなってきているのが寂しい。

やっぱり冬至に向かっている季節より夏至に向かっている季節の方が好き。

0 コメント

夫婦ご飯茶わんの泥仕上げ

晴れ

 

昨日は終日草取りで、前日に取った枯草を燃やして家の中に入ったら20時。疲れて作陶はパスしてしまった。

今日も暗くなるまで草取り。雨のおかげでどこもかしこも草だらけ。

 

ご飯茶わんの泥仕上げをやっと。バリ取りは明日。

0 コメント

花器の泥塗り部分のならし

雲の多い晴れ

 

昨日泥塗りした花器の泥塗り部分の凸凹をならす。

 

梅雨明けし、もう雨も一段落のようなので道路沿いの草が生えている部分に除草剤を散布。できれば抜き取りたいが、花壇等の草がビッシリで、そちらは抜き取る以外に方法がないので、どうでもいい道路沿いは取っている余裕はなく止むを得ず枯れ姿が醜い除草剤を利用。

暗くなるまで花壇の草取り。雨ばかりで草取りもままならず、作陶もしなければならず、花壇は「ドクダミの園」状態。梅雨明けしたので、毎日少しずつ取っていくしかない。

0 コメント

花器の泥仕上げ

雨のち曇り 午後晴れ間(久々の青空)

 

今日もSecondWorkは早上がり。

派遣会社の担当者から確認&心配の電話あり。

玄関広間の展示スペースの拭き掃除。

草刈り。気になって仕方ないので草取りも少し。長靴を履いた完全装備ではなかったので、足首を蚊に刺される。顔と手も。蚊取り線香を2台装備していたのに。

 

19時頃から細工場に入り、花器の泥仕上げ。凸凹をならす作業は明日。

0 コメント

ご飯茶わんの本体に高台付け

くもり

 

SecondWorkはいつもの通り早上がり。少し買い物をし、髪の毛をカットして帰宅。

日課のマスク・手袋・帽子を洗い、週一の買い物に(スーパーとドラックストア)。

帰宅後は久々に暗くなるまで草取りに精を出す。

花器の泥仕上げをするには時間が足りず、昨日成形した夫婦ご飯茶わんの本体に高台付けのみ。ぽってりした感じで、レースのご飯茶わんより大分入る(容積大)。あと何組か作ろうか。

 

0 コメント

花器の泥仕上げ

雨のち曇り 時々雨

 

昨日成形した花器の1つに泥仕上げ。もう一つは明日。

 

夫婦のご飯茶わんの本体を1組成形。

 

0 コメント

花器を成形

くもりのちあめ

 

花器を2つ成形。右側の方がやや大きい。

0 コメント

明日のタタラを準備

くもり のち あめ

 

昨日、泥仕上げをしたエンゼルフィッシュのフチを整え、明日成形するタタラを準備。

今朝は二度寝をしていまい、SecondWorkに遅刻か……と焦ったがセーフ! 二度寝は本当に危ない。

 

 

0 コメント

エンゼルフィッシュの泥仕上げ

雨 日中は曇り

 

3日間でちょこちょこ作り貯めたエンゼルフィッシュの箸置きの泥仕上げ。4色。

 

 

0 コメント

小皿・豆皿の泥ならし等

降ったり止んだり

 

昨日、泥仕上げをした小皿と豆皿のスポンジ塗り部分のならし。フチを整えて成形おわり。

0 コメント

小皿・豆皿の泥仕上げ

曇り 日中青空が見えた 夜雨

 

昨日成形した小皿と豆皿に泥仕上げ。

それぞれ2種類で。

0 コメント

小皿・豆皿の成形

雨のち曇り

 

小皿と豆皿の成形。定番の形。

 

SecondWorkが毎日早上がりで自分の仕事をするにはありがたい。しかし……派遣って何なんだろう……と思う。生きていけないだろ。

0 コメント

明日のタタラを用意、昨日刷毛塗りした部分の処理

くもり 午後晴れ間

 

明日成形するタタラを用意。引き跡を消し、のして締める作業まではできず。

昨日ストレートカップの内側に施した白泥の刷毛塗り部分の処理(縁のはみ出し、ザラつく粘土粒子)。

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ

くもり

 

昨日スポンジ塗りした部分のならし。

カップの内側に白泥の刷毛塗り(2サイズ)。

これでストレートカップ3サイズおわり。

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ

雲の多い晴れ

 

一番背の高いカップの泥仕上げ。一昨日(土曜日)刷毛塗り部分まで仕上げたカップのスポンジ塗り部分の泥仕上げ。

 

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ

雨 一時 曇り

 

昨日スポンジ塗りした部分のならし。

 

昨日成形が終わった一番背の高いカップに刷毛塗り部分の泥仕上げ。

 

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ、カップの底付け

曇りのち雨  半袖では涼し過ぎ

 

昨日の泥仕上げの続き。スポンジ塗り部分。

乾きが不十分なので、平らにのす作業は明日。

 

昨日成形したカップの本体に底付け。

0 コメント

ストレートカップの泥仕上げ

くもり

 

昨日底付けまでしたカップの泥仕上げ。

地模様の色泥を吹付けてから、白泥の刷毛塗り。塗った白泥の乾きが不十分なので、スポンジ塗り部分は明日。

もう少し背高のストレートカップの本体を成形。

0 コメント

ストレートカップの底付け

曇りのち雨  肌寒い日

 

昨日成形したストレートカップの本体に底付け。

0 コメント